憎き脂肪は体内最大のエネルギータンク?

皆さんは脂肪と聞くと憎い奴とか、身体にとって悪いイメージを持っていて、できれば必要ない物と思っていませんか?

確かに過剰な脂肪が身体につけば、様々なリスクも増え様々な病気や身体の負担にもなるでしょう。しかし、脂肪には筋肉や内臓などを守ったり、体温維持をするという重要な役目もあります。また、脂質はホルモンを作るための材料や脂溶性ビタミンの吸収をサポートしてくれる重要な役割もあります。そして「体内で最も大きく持続性のあるエネルギー源になる」といった大きな役目があるのです。そこで今日は、この憎き脂肪を上手に利用し、おまけにダイエットまでしてしまおうというお話をさせて頂きます。持久力が無く悩んでいる方や、上手に体脂肪を落としていきたいと思っている方はぜひお付き合い下さい。

■糖と脂肪のエネルギーの違い

前回、「トレーニング後の糖質補給のすすめ」でもお話ししましたが、体内に蓄積している主なエネルギー源は糖質と脂肪です。どちらもエネルギーになるという事では同じですが、それぞれに特徴や大きな違いがあります。

糖質は最も即効性のあるエネルギーで、身体を動かす際のエネルギーとして最初に糖質が使われます。糖質は筋肉や肝臓にグリコーゲンという形で貯蔵されていて、必要に応じて素早く分解されエネルギーとしてどんどん消費されていきます。しかし、貯蔵されている糖質の量はごくわずかで体重70kg体脂肪率15%の一般男性で約2.000kcal分ぐらいといわれています。2,000kcalと聞くとかなりある様に思いますが、同じ人がフルマラソンを完走する為には約2.900kcalは必要になるので、やはり充分に補える量ではありません。

一方、脂肪はというと、同じく体重70kg体脂肪15%の一般男性で約80,000kcaなので糖質の約40倍にもなります。フルマラソンに換算しても27回以上の貯蔵量なのでエネルギータンクとしては申し分ないですね。さらに、糖質は1g燃やすために4kcal必要ですが、脂肪は1g燃やすのに7kcal必要になります。つまり、燃費も糖質に比べ非常に良いということになります。但し、糖質は即効性のあるエネルギー源ということに対し、脂肪はエネルギーに変わりにくいというデメリットがあります。

しかしながら、脂肪をエネルギーとして利用することが出来れば、疲れにくく長時間の運動が可能になります。また、効率よく脂肪をエネルギー源として利用できれば、体脂肪が使われることで結果としてダイエットにもつながるのです。

■体脂肪をエネルギーとして利用するためには?

「年々太ってきているおかげで体脂肪ならこんなにあるよ!」なんて言っている方に聞いて頂きたい。いくら体脂肪をいっぱい抱えエネルギータンクは満タンだとしても、そのままでは体脂肪をエネルギーとして使う事ができないのです。体脂肪をエネルギーとして利用するためには「分解」「運搬」「燃焼」という段階を踏まなければなりません。

 ■まずは、しっかり脂肪を分解

まずは第一段階として、脂肪(中性脂肪)を分解し遊離脂肪酸という形に変えてあげなければエネルギーにはなりません。そこで手軽に分解する方法として筋力トレーニング、いわゆる「筋トレ」がとても効果的なのです。ジムでガッツリとトレーニングをしても自宅で気軽に自重トレーニングを行っても構いません。筋トレを行うことで脂肪が分解され血液中に遊離脂肪酸として溶け出します。もちろん、いきなりウォーキングやランニングなどの有酸素運動をしても、徐々に脂肪分解は始まるので問題はありませんが、先に筋トレを行い脂肪分解しておけば、あとは有酸素運動で効率よく脂肪を燃やすだけという事になります。但し、エネルギーとして使い切れなかった遊離脂肪酸は肝臓からまた体脂肪に戻ってしまいます。

■ あとは、しっかり脂肪燃焼

分解した脂肪は、遊離脂肪酸となって血液中に溶け出してエネルギーの材料となるので、ウォーキングやランニングなどの有酸素運動を行えばしっかり燃えてくれるはずです。但し、ここでも一つ注意しなければならない点があります。それは、脂肪をエネルギーとして利用してくれる心拍ゾーンにどれだけ維持出来るかです。つまり最大心拍数の65%前後の心拍数をキープしなければ効率のいい脂肪燃焼は期待できません。これよりも運動強度が高すぎても脂肪は燃えにくくなります。以前お話しをした、チョット息が切れるけど、会話ができるくらいの強度。これが最も脂肪をエネルギーとして燃焼してくれる強度の目安なので覚えておいて下さい。

※最大心拍数=220-年齢(簡易的な計算です。)

■スズメバチの成分が脂肪燃焼に有効?

スポーツショップに並ぶサプリメントに「スズメバチ」をヒントに開発された商品があります。皆さんもテレビCMや広告で1度は見聞きにしたことがある「ヴァーム」「ベスパ」などがその商品です。では、この「スズメバチの成分」にはどの様な効果があるのでしょう?

1日に100kmも移動できるスズメバチのスタミナの秘密は脂肪代謝のおかげの様です。つまり、体内に豊富に存在する脂肪をエネルギーと利用しているから疲れることもなく飛びつづけられるのです。そこで、このスズメバチに存在する成分に着目し、疲労の原因にもなる体内の糖質エネルギーの消費を抑え、豊富にある体脂肪を優先的にエネルギー利用していくという他のサプリメントにない商品を開発したのです。糖質をエネルギーとして利用すると乳酸が発生し疲労の原因となります。また、糖質は貯蔵量が少ないのですぐにバテてしまいますが、脂肪を優先的にエネルギーに変換すれば血糖値も維持でき、乳酸の発生も抑えられるほか、エネルギー貯蔵量が豊富なので長時間の運動が可能になるのです。

持久力を要するランナーやグラウンドを走り回るサッカー等のスポーツには最適と思います。

必要に応じてサプリメントを摂り入れ、ベストなパフォーマンスで競技が出来たら最高だと思いませんか。

スポーツコンビニはサプリメント・プロテインに強いプロスタッフがいます!!
プロテイン選びなどでお困りのことがあれば
コメント欄もしくはメールにてお気軽にご質問ください。
もちろんご来店もお待ちしております。

The following two tabs change content below.
臼井

臼井

スポーツ専門学校在籍中に、㈱ゴールドウィン・スポーツサポートのクロストレーナー養成機関に参加しその後入社。スポーツクラブやスポーツ施設、ホテルなどでトレーニング、エアロビクス、アクアエクササイズ、スイミングの指導を行い、現在はフィットネスアドバイザーとしてトレーニングやエクササイズ、栄養学、サービスなどの指導、教育を行う。 ■フィットネストレーナー ■JNF公認サプリメントアドバイザー ■米国ISNF公認サプリメントアドバイザー ■(社)全日本ノルディックウォーク連盟  ノルディックウォーク公認指導員

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ABOUTこの記事をかいた人

臼井

スポーツ専門学校在籍中に、㈱ゴールドウィン・スポーツサポートのクロストレーナー養成機関に参加しその後入社。スポーツクラブやスポーツ施設、ホテルなどでトレーニング、エアロビクス、アクアエクササイズ、スイミングの指導を行い、現在はフィットネスアドバイザーとしてトレーニングやエクササイズ、栄養学、サービスなどの指導、教育を行う。 ■フィットネストレーナー ■JNF公認サプリメントアドバイザー ■米国ISNF公認サプリメントアドバイザー ■(社)全日本ノルディックウォーク連盟  ノルディックウォーク公認指導員