SAXX サックス ② ウォーターマン

“Spearfishing when done correctly, requires the most skill, and is the most targeted way of harvesting fish from the ocean .”
ー Mark Healey

“スピアフィッシングを正しくやり遂げるにはスキルと魚を収穫する意図がわかってないといけない。やり遂げたら自分自身を誇りに思うこと。そして、食材に対しもっと真剣になる必要がある。何かものを食べるとき、それは命を捧げ、我々の糧になっている。だから、敬意を払わなくてはいけないんだ。”
ー マーク・ハーレー

こんにちは、前回に引き続きSAXXを特集します。冒頭にご紹介したのはSAXXのアンバサダーを務める一人”ウォーターマン”ことマーク・ハーレー氏のインタビューからの抜粋。

ハーレー氏着用ウェアはこちら

マーク・ハーレー氏は生まれも育ちもサーフ文化の聖地であるオアフ島ノースショア
こちらですね。

東京から飛行機で約7時間。夏休みを利用して行かれる方も多いのではないでしょうか。旅行のお供にSAXXをお忘れなく。

■EVERYDAY ULTRA TRI-BLEND SS CREW T-SHIRT

着用ウェアはこちら

■EVERYDAY VIBE BOXER

着用ウェアはこちら

■PERFORMANCE KINETIC BOXER

着用ウェアはこちら

海に生きる男…マーク・ハーレー、クールですね。大海原に「SAXX」も映えます。「海」×「M・ハーレー」×「SAXX」最強コンビネーションが出来上がりました。

ではここで2016年マウイ島ジョーズの超巨大な波に挑むハーレー氏に密着取材した際の様子を本人インタビューとともに動画で振り返ります。

markhealey_SAXX_2016 from sportsmario on Vimeo.

 

20メートル級の大波に果敢にチャレンジする度胸と精神、一歩間違えれば怪我だけではすまないそういう状況で、”ソフトとハード両面の準備が大事だ”と語っています。前回のMLBシカゴカブスのジェイクアリエタ投手もインタビューで言葉は違いますが、同じ事を語っています。

とにかく「準備」が大事だと、どこまで準備できているかが目標達成に近づくパーセンテージを大きくする要因ということですね。第一線で活躍する一流アスリートの言う言葉、重みが違います。

仕事も遊びも準備が大事ですからね。ノープランの旅行では不安です。^^;
仕事や旅行に着ていく下着の準備できてますか?
お買い求めは⇒こちらからどうぞ、当日午後12時までにご注文頂ければ下記のご地域にお住まいの方へは翌日のお届けが可能です。
※(お支払い方法、離島等、一部例外地域もございます) 配送に関してはこちらをご確認ください。

山梨・東京・神奈川・埼玉・千葉・茨城・栃木・群馬・愛知・岐阜・静岡・三重・大阪・兵庫・京都・滋賀・奈良

SAXX製品は送料当社負担にてお届け致します。
ご注文はこちらから

それでは最新のマーク・ハーレー×SAXXの動画をご覧いただいて本日はこれにて失礼します。

【インタビュー訳】

”私たちは日々の生活はかけ離れている。何もない海の真ん中で止まるか進むかしている
全ては自分が握っていて、どのような状況や困難でも、強い気持ちを持つことで乗り越えることができる。

私はオアフ島のノースショアで生まれ育ち、そこはサーフィンの世界の中心で見れないものはない。全て写真に収めてあるから。もしカウアイで生まれていたらプロサーファーになっていなかっただろう。”ウォーターマン”であるというのは水の本質がわかり、世界中のどこに行ってもそれを使って生計を立てられる人を言うと思っている。

ハワイでのサーフィンの人気が出始めるまでサーファーはウォーターマンであった。私はその定義があいまいな時期である70年代初頭から生きてきた。ウォーターマンやウォーターウーマンはサーフィンをしない時代において。人々と海の関係性が普通になったことが奇妙に思う。

私は何百時間もの時間サーフボードに乗っていて海の中がどうなっているか、水平線の向こうはどうなっているか、なぜこんな動きをするのかを不思議に思わなことに対して理解することができない。

スピアフィッシングにおいての大きな誤解は魚を追いかけて打つという事だろう。それはとてもばかばかしい考え方でスピアフィッシングをしたことが無いから言えることだ。魚はとっても速く泳ぐし水の中により長くいれる。これはチェスのようで、魚の動きを理解しなくてはならない。目いっぱい息を止め深く潜ることは海の生物かの如く動くのに重要なことである。魚がこちらのことをそう信じさせるかまたは最悪抱かせなくてはならない。

海の生物たちになりきることが必要であり、体も肉体的に変える必要がある。心拍数を下げたり、酸素の消費を考えるなど全て効率的に行わなくてはならない。優れたスピアフィッシング競技者は自制ができる人だ。大きなクーラーボックスにたくさんの魚をいれてそれと写真を撮る人ではない。魚を撃ってただインスタグラムに上げているわけではないんだ。

自給自足をすることは自立を感じることができる。スピアフィッシングを正しくやり遂げるにはスキルと魚を収穫する意図がわかってないといけない。やり遂げたら自分自身を誇りに思うことだ。そして、食材に対してもっと真剣にならなくてはならない。何かものを食べるとき、それは命を捧げ、我々の糧になっている。だから、敬意を払わなくてはいけない。”

The following two tabs change content below.
sportsmario

sportsmario

こんにちは、スポーツマリオのオフィシャルロゴを務める、まりお君です。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です