世界ユニフォーム探訪~南米・北中米カリブ海~の旅

Jリーグ鎖骨スポンサー解禁か?

来季からJリーグでも鎖骨部分にスポンサーロゴを入れることが解禁されるようです。スポンサー料は約1.5億~2億。胸スポンサーが3億くらいと言われています。既にヨーロッパ、南米など海外クラブチームなどではよく見かけます。鎖骨スポンサーは雑誌やウェブ媒体に選手の紹介と一緒に写り込む可能性もあることから宣伝効果が高いと言われています。

そういえば、ノースフェイスのジャケットはなぜ後ろの肩口にもロゴがあるんですかね?恐らく後方を歩いている人への宣伝効果を期待したものなんだろうなとふと思ったわけです。話しを戻します。

ユニフォームスポンサーは経済の縮図

さて、ユニフォームのスポンサーは経済の縮図とよく言われるそうですが、その時代、時代の勢いのある企業がビッククラブなどのスポンサーに名を連ねることが多く、楽天(FCバルセロナ)や横浜ゴム(チェルシーFC)など日本の企業も久々にビッグクラブの胸スポンサーに名を連ねています。世界のフットボールとスポンサーの関係を興味を持って見ている方も多いのではないでしょうか。因みに楽天はバルサと4年257億円の契約を結んでいます。(・□・)スポーツマリオもいつしか…

ユニフォームとスポンサーのお金の関係はさておき、ユニフォームの売れ行き、格好良さを決めるのはスポンサーのロゴやデザインと言っても過言ではありません。ですからクラブ側もチームカラーなどを考慮しスポンサー選定やスポンサーロゴのデザインに慎重なクラブもあるわけです。

ということで、本日は世界のクラブチームのユニフォームとスポンサーを巡る旅にあなたを誘います。それでは行ってみましょう♪レッツ・ゴー!

■ Keuka:2015 イラプアト 軍隊記念日 レプリカジャージ

メキシコはイラプアトにあるイラプアトFC。現在3部に相当するリーガプレミアセリエAに所属。名前だけ聞くとトップリーグのように聞こえます…本田選手が所属するパチューカは1部であるリーガMXになるわけです。イラプアト、現在2部昇格に向けトーナメントを戦っているようです。過去には名古屋グランパスなどで活躍された福田健二選手も所属していました。こちらのジャージは軍隊に敬意を表し作成された限定ジャージ、そのため迷彩柄というわけです。スポンサー多めのゴチャゴチャ感が好きというあなたにおすすめ (^^)

メーカー:ケカ(keuka)
スポンサー:メキシコ航空(メキシコ)、コロナ(メキシコ)、ロトプラス(メキシコ)、ポッロフェリス(メキシコ)、ジンサ・エレクトロニカ(メキシコ)

>>ご購入はこちら


>>ご購入はこちら

■プーマ:16-17 サントス・ラグーナ (Home/ホーム)

同じくメキシコから1部に所属するサントス・ラグナの2016-17シーズンホームユニフォーム。先日サントス・ラグナ戦でパチューカ本田選手がゴールを決めましたね。日本でも知名度があるようです。スポンサーとなっているソリアーナは総合スーパー、ララは乳飲料、ペニョーラスは資源企業。バナメックスは銀行。オムニバスメキシコはバス観光業。いずれもメキシコの企業のようです。コカ・コーラ、コロナ、ブリジストンは説明不要かと思います。しかし南米のユニフォームはスポンサーが多いですね。

メーカー:プーマ(puma)
スポンサー:ソリアーナ(メキシコ)、コロナ(メキシコ)、コカ・コーラ(米国)、ペニョーレス(メキシコ)、ブリジストン(日本)、ララ(メキシコ)、バナメックス(メキシコ)、オムニバスメキシコ(メキシコ)
オフィシャルHP:http://www.clubsantos.mx/

>>通販はこちら

>>通販はこちら

■アンブロ:16-17 LDUキト (アウェイ/Away)

LDUキトはエクアドルの首都キトに本拠地を置く同国1部のクラブチーム。正式名称はリーガ・デポルティーバ・ウニベルシタリア(Liga Deportiva Universitaria) エクアドルでは同じようなクラブ名が複数存在するため便宜上、LDUキトとかリーガ・デ・キトと呼ばれるようです。2008年にはクラブワールドカップにも出場したため日本でも知っている方は多いかもしれません。そのときは決勝まですすみ当時クリスティアーノ・ロナウドやルーニー擁するマンチェスターユナイテッドと対戦、惜しくも敗れ準優勝となっています。この時はガンバ大阪も出場していましたね。6日から開幕したクラブワールドカップ、浦和レッズや本田選手所属のパチューカも出場。楽しみですね。

メーカー:アンブロ(umbro)
スポンサー:シボレー(米国)、DIRECTV(米国)、DISCOVERカード(米国)
オフィシャルHP:https://www.ldu.com.ec/home/

>>通販はこちら


>>通販はこちら

■マラソン:バルセロナSC 2015 レプリカジャージ(ホーム/Home)

あのロナウジーニョ選手も一時在籍したエクアドルの人気クラブ、バルセロナSC。あのバルセロナとは特に関係性はないようですが、エンブレムがそっくりです。スポンサーもこれでもかというくらい至るところに。ザ・南米というジャージですね。

メーカー:マラソン(marathon)
スポンサー:ピルセネル(エクアドル)、ソニー(日本)、ピチンチャ銀行(エクアドル)、ペプシ(米国)、DIRECTV(米国)、シーカ(スイス)、ドンカフェ(エクアドル)、almaceneslaganga(電化製品・エクアドル)

>>ご購入はこちら

>>ご購入はこちら

■マラソン: バルセロナSC 2016 レプリカジャージ (ホーム/Home)

同じくバルセロナSCの2016シーズンホームレプリカユニフォーム。この年、ロナウジーニョ選手が親善試合1試合のみの契約で参加をしました。2015年と比べ少しあっさりしました。なぜでしょう…

メーカー:マラソン(marathon)
スポンサー:ピルセネル(エクアドル)、ピチンチャ銀行(エクアドル)、ペプシ(米国)、DIRECTV(米国)

■マラソン:2016 クラブ・ディポルティボ・クエンカ(ホーム/Home)

こちらもエクアドルの1部セリエAのディポルティボクエンカ。
メーカー:マラソン(marathon)
スポンサー:ピルセネル(ビール製造・エクアドル)、アウストロ銀行(エクアドル)、CELEC EP(エネルギー関連企業・エクアドル)、azuayprefectura(エクアドル)、ディレクTV(米国)、ETAPA(電力ガス・エクアドル)、クエンカ市(エクアドル)
オフィシャルHP:http://deportivocuenca.net/

>>ご購入はこちら


>>ご購入はこちら

■エレア:14-15 パラナ クルーベ(ホーム/Home)

ブラジル2部セリエB所属のクラブチーム。2016年から元日本代表の呂比須ワグナー氏が監督を務めています。
メーカー:エレア(errea)
スポンサー:CAIXA(銀行・ブラジル)、colchoesgazin(寝具・ブラジル)
オフィシャルHP:http://www.paranaclube.com.br/

>>ご購入はこちら

>>ご購入はこちら

■ 2017 インデペンディエンテ・デル・バジェ(ホーム/Home)

エクアドル・セリエAに所属する、クルブ・デ・アルト・レンディミエント・エスペシアリサード・インデペンディエンテ・デル・バジェ… な!長っ!… 因みに、C・ロナウド選手の本名はクリスティアーノ・ロナウド・ドス・サントス・アヴェイロです。

メーカー:マラソン(marathon)
スポンサー:シボレー(自動車・米国)、ディレクTV(放送・米国)、sana sana(薬局ストア・エクアドル)、PONY malta (飲料・エクアドル)、KFC(ファストフード・米国)、グアヤキル銀行(エクアドル)、MDT(陸運・エクアドル)、タメ航空(エクアドル)、cnt(インターネット関連・エクアドル)
オフィシャルHP:http://www.independientedelvalle.com/

>>ご購入はこちら


>>ご購入はこちら

■2017 インデペンディエンテ・デル・バジェ (アウェー/Away)

メーカー:マラソン(marathon)
スポンサー:シボレー(自動車・米国)、ディレクTV(放送・米国)、sana sana(薬局ストア・エクアドル)、PONY malta (飲料・エクアドル)、KFC(ファストフード・米国)、グアヤキル銀行(エクアドル)、MDT(陸運・エクアドル)、タメ航空(エクアドル)、cnt(インターネット関連・エクアドル)

>>ご購入はこちら


>>ご購入はこちら

というこで、この記事も大分長くなりましたが、南米・北中米カリブ海地域を特集しました。南米系ユニのスポンサーのこってり感が三度の飯より好きな方にはそこそこ満足頂けたのではないでしょうか?!

実はこれで終われません。

次回はヨーロッパを旅したいと思います。
それでは本日はこれにて失礼します。

次はちょっとあっさり目ですかね。

通販サイト:http://www.sportsmario.net/
企業サイト:http://sportsmario.co.jp/

 




コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です