減量用と普通のプロテインの違いは体づくりにどう影響するか?




プロテインについてのお問合せで、多くの方からご質問頂く内容があります。それは「カラダを絞りながら筋肉をつけるプロテインはどれですか?」と「普通のプロテインより、減量用のプロテインを使う方が痩せますか?」という内容です。確かに、プロテインコーナーにはカラダを大きくしたい男子がこぞって愛用しているホエイプロテインが、売場の七割以上を占めズラリと並んでいるので、引き締まった筋肉質のカラダを目指す方や女性にとっては「いやいや!そんなボディービルダーになりたいわけではないし、ムキムキになるプロテインはいらない・・・」と思うのでしょう。
今回は「そもそも、減量用のプロテインってあるの?」「あるなら普通のプロテインとどこが違うの?」等、そんな疑問を抱えている方に今日はお話ししたいと思います。

■引き締まった筋肉と大きな筋肉

まず、覚えておいて頂きたい事があります。とても重要な事なので、しっかりと覚えて下さいね。それは、基本的に飲むプロテインの種類によって「引き締まった筋肉」や「大きな筋肉」など【筋肉の種類や大きさが変わる事は無い】ということです。「エッ!」と思う方も多いと思いますがこれは本当の話です。もちろん減量用のプロテインはあります。しかし減量用のプロテインを飲んだとしてもボディービルダーのような、ムキムキの大きなカラダをつくる事は何の問題もなく可能なのです。

どういう事かと言うと、「瞬発力のある筋肉」「持久力のある筋肉」「大きな筋肉」「引き締まった筋肉」など目的によってどんな筋肉にするかは、プロテインの種類ではなくトレーニングメニューで変わるのです。例えば「大きな筋肉」や「パワーのある筋肉」が欲しければ【高負荷低回数】のトレーニングメニューを取り入れた方が効率的ですし、逆に「筋持久力」が必要な筋肉が欲しいのであれば【低負荷高回数】のメニューも取り入れるべきだと思います。

ボディービルダーが100kgを超える様な重い重量のベンチプレスを行うことは決して特別な事ではなのです。毎日寝る前に、同じ速さや同じ回数で腕立て伏せをしていても、段々と筋肉はその重さに慣れてしまい徐々に成長しなくなります。それは、筋肉にかかる負荷がいつも同じだからなのです。以前の「トレーニングの3原理と5原則」でもお話しした通り、筋肉を目的に向い成長させたいのなら目的に合った重さになるよう一定期間ごと見直す事が必要なのです。

■減量用プロテインとは?

では、カラダを大きくしたい筋肉男子が飲んでいる【ホエイプロテイン】
「ウェイトダウン」「〇〇ダイエット」等という商品名で販売している【減量用のプロテイン】は何が違うのでしょう?

まず、一番大きな違いは原材料です。ホエイプロテインが牛乳から抽出された動物性のプロテインに対して、減量用のプロテインに多く使用されている原材料は主に大豆から抽出された植物性のたんぱく質です。(最近ではごく一部ではありますが、ホエイプロテインを使用した減量用のプロテインも販売されています。)

では、なぜ減量用のプロテインは大豆を使った物が多いのでしょう?

●理由①
こちらも以前「プロテイン選びの基本と種類」でもお話ししましたが、大豆のプロテインには代謝を上げカラダを引き締める効果が期待できるほか、抗酸化作用やコレステロール値を下げホルモンバランスを整えるなど、ヘルシーで健康的なイメージからダイエット用のプロテインとして採用されています。
もちろん、たんぱく質の補給という意味では、他のプロテインと同様に期待できるので、トレーニング後のプロテインとしてボディービルダーから細マッチョ志望の方までお使い頂けます。
但し、吸収の速さや、より筋肉づくりに有効なアミノ酸を多く含むという点では、ホエイプロテインの方が優れているので、筋力アップの目的が主の方はホエイプロテインをおすすめします。

●理由②
減量用のプロテインには、食欲や体脂肪の蓄積を抑えたりする「ガルシニア」といった成分や、血糖値の上昇を抑える「食物繊維」などを配合した商品も多く出回っています。そのため、食事の30分ほど前に飲む事で満腹感を得ることができ食事の量自体を減らすことが出来たり、食事での血糖値の上昇を抑えることで脂肪の蓄積を緩和することが期待できます。
だから、多くの減量用プロテインは運動後に加え食事の前に飲む事をおすすめしています。やはり、ダイエットには運動プラス食事の管理も必要という事になります。例え食事の量が減ったとしても、筋肉を維持するためのたんぱく質はプロテインを飲む事でしっかり補える訳です。また、大豆プロテインはホエイプロテインに比べ、消化、吸収がゆっくりで腹持ちがよく空腹感を紛らわしやすいといったメリットもあります。

■大豆プロテインの難点

ダイエットしたい人には良い事尽くめの大豆プロテインですが、いくつかの難点もあります。それは、筋力アップに多く使われるホエイプロテインに比べ溶けにくいという点です。これは、元々固形物の大豆を使用しているということから仕方のない事かもしれません。そしてもう一つ、やはりホエイプロテインに比べ味が飲みにくい事です。これでもひと昔前の大豆プロテインに比べたら、かなり改良され味もグーンと良くなりましたが、やはりホエイプロテインと比べてしまうと美味しくありません・・・と言うよりも、最近のホエイプロテインが非常に美味しく飲みやすくなったので余計にそう感じるのかもしれません。しかし、これで減量できるなら多少の飲みにくさは我慢!我慢!・・・と思えばきっと頑張れますよね!

目的やシーン合わせてプロテインを使いこなせば、理想のカラダも夢ではありません。
もちろん、プロテインやサプリメントに頼るだけではなく、しっかりカラダを動かしたりトレーニングをすることもお忘れなく!


スポーツコンビニをはじめスポーツマリオラン&フィットネスにはサプリメント・プロテインに詳しいスタッフが在籍しております。プロテイン選びなどでお困りのことがあればご来店時やコメント欄もしくはメールにてお気軽にご質問ください。

The following two tabs change content below.
臼井

臼井

スポーツ専門学校在籍中に、㈱ゴールドウィン・スポーツサポートのクロストレーナー養成機関に参加しその後入社。スポーツクラブやスポーツ施設、ホテルなどでトレーニング、エアロビクス、アクアエクササイズ、スイミングの指導を行い、現在はフィットネスアドバイザーとしてトレーニングやエクササイズ、栄養学、サービスなどの指導、教育を行う。 ■フィットネストレーナー ■JNF公認サプリメントアドバイザー ■米国ISNF公認サプリメントアドバイザー ■(社)全日本ノルディックウォーク連盟  ノルディックウォーク公認指導員






26 件のコメント

  • プロテインは自分がめざすもので種類を選んだほうがいいとよく分かりました。
    たとえば減量用のプロテインを一食と置き換えにしてみる方法は体に善くないのでしょうか?

    • ぽちゃみ様

      ご質問ありがとうございます。
      コンビニ店の臼井でございます。
      いつもブログをお読み頂きありがとうございます。

      ご質問についてですが、例えばザバスの減量用プロテインなどを
      一食に置き換えた場合、摂れる栄養素としてたんぱく質は問題ないと思いますが、
      ビタミンやミネラルなど他の栄養素が少々不足気味になるかと思います。

      階級別の競技などでどうしてもカロリーカットが必要な場合でない限りは、
      お水ではなく牛乳やジュースなどに混ぜて、ビタミンやミネラルといった
      栄養素を補ったり、マルチビタミンなどのサプリメントをプラスすれば、
      置き換えとしてご利用頂いても良いと思います。

      また、練習量の多いスポーツをしている方であれば尚、運動後の糖質補給は
      筋肉づくりに欠かせない栄養素になるので、あまり極端な糖質カットをするより
      果汁のジュースなどに混ぜてある程度のエネルギーは一緒に摂る方が良いと思います。

  • 初めまして、45才のメタボ(肥満)おっちゃんですが、ここ半年ロードバイクで鍛えてます!
    体重も7キロ減った辺りから、減らなくなり、腹筋、腕立ても最近取り入れてもやせません、そんな時にウェイトダウンプロテイン を知りなやんでます!
    トレーニングは3日やって1日休み、基本ロードバイクで1時間〜3寺間体脂肪をもやしてます!
    週の2日間位が軽い筋トレです!

    このようなトレーニングで、プロテイン 効きますか?

    よろしくお願いします!

    • チャリダー様

      ブログをご覧頂きありがとうございます。トレーニングもしっかりされている様ですね。しかし、体重が変わらないとの事ですが、体脂肪はどうでしょうか?
      筋肉は脂肪よりも重いので、トレーニングにより筋量が増えてくれば、例え脂肪が減っても体重が変動しなくなったり逆に増えたりします。トレーニングをしながらの
      ダイエットの時には、体重よりも体脂肪率の方が重要です。

      体重に変動がなくても体脂肪率が減っていれば何の問題も無いと思います。体重だけを減量の目安にせず、体脂肪率も計測してみて下さい。筋肉が増えてくればそれだけ基礎代謝も上がるので、普段から太りにくい体質に変わっていくと思います。

      さて、プロテインについてですが、運動(トレーニング)により一定以上の負荷が筋肉にかかると筋繊維がダメージを受けます。このダメージを修復し、さらに強い筋肉に生まれ変わるためには、栄養(たんぱく質)と休養が必要になります。筋力アップの目的でプロテインを取入れる事は、筋肉の材料をしっかり補給する事に繋がるので
      そのメリットは十分にあると思います。

      そして、タンパク質を補給する上では一般的なホエイプロテインでも、ウェイトダウンプロテインでも筋力アップの効果は変わりません。但し、ウェイトダウンプロテインなどに使われている大豆たんぱくには、身体の代謝を上げるなどダイエットに嬉しい付加価値もプラスされているのであえて差別化をされています。

      また、さらなる減量に食事制限なども考えているようであれば、ウェイトダウンプロテインは効果的です。食事の30分前にウェイトダウンプロテインを飲む事で、
      食欲を抑えてくれたり食事での血糖値の上昇を緩やかにする事で脂肪をつきにくくしてくれる等の効果も期待できます。但し、食事制限まで考えていない様であれば、絶対にウェイトダウンプロテインである必要はありません。

      私からも減量の提案として、今行っているロードバイク等の有酸素運動の時に、より脂肪燃焼を促進させるサプリメントを摂るのも手だと思います。減量目
      的で、同じ時間バイクを漕ぐのならより効率よく脂肪を燃焼させた方が良いと思いませんか?ウェイトダウンプロテインにも脂肪燃焼を促進する成分が配合されているも
      のもありますがやはり微量なので、本格的にロードバイクで減量をお考えの様であれば脂肪燃焼に特化したサプリメントもおすすめだと思います。

  • すみません。色んな人からソイプロテインはダメと言われているのはなぜですか?価格や効果を聞く限りホエイよりいい気がします。

    • この度はご質問頂きありがとうございます。ソイプロテインはとても優秀なプロテインですよ。ホエイプロテイン同様に筋力アップや身体づくりのプロテインとして効果があります。ソイプロテインの特徴として、代謝を上げ身体を引き締めたり抗酸化作用やコレステロール値を下げ、ホルモンバランスを整える等の事から、どうしても筋力アップよりもダイエットや健康維持に向いているイメージが強いのかもしれません。他にも大きな理由として、ソイプロテインに比べホエイプロテインの方が、筋肉づくりに重要なアミノ酸である【BCAA】が多い事と、ソイプロテインは飲んでからの吸収時間がゆっくりですが、トレーニング直後に少しでも早くダメージを修復にしたいトレーニーは吸収の早いホエイプロテインを好まれます。また、ソイプロテイン独特の溶けにくさや粉っぽさに比べ、後から登場したホエイプロテインは溶けやすくて美味しい事から、従来の「プロテイン=不味い」を覆した事でホエイプロテインの愛用者が安定しているのも理由の一つと言えるでしょう。今回ご質問された「ソイプロテインはダメ…」とは、多分上記の理由からソイプロテインに比べホエイプロテインを支持する方が多い為にが「ダメ」という認識に繋がっているのだと思われます。ソイプロテインも非常に優れたプロテインです。タンパク質を摂るという事ではホエイプロテインと変わりませんので、それぞれの目的や望まれるメリットに合うプロテインをお選び頂ければ、どちらを選ばれても問題はございません。

  • 現在、週5で1日に30分〜1時間のホームトレーニングをしています。体重は始めた時から全く変わっていませんが体型は少しづつ変わってきてる感じです。有酸素運動はしていませんが筋トレして引き締まったボディにしたいと思っています!そこで知り合いにそれだけ運動をしているのならプロテインを飲んだらどうか?と言われました。ですが別の友達にはプロテインは1日2時間以上運動していて食事もちゃんとコントロールできる人が飲むものだと言われました。プロテインに関して全くの無知なので今の筋トレ時間でプロテインを飲むのは良いことなのか…それとも飲まない方がいいのか…飲むならどのプロテインがいいのか教えて頂けたら嬉しいです!

    • らん様

      ご相談ありがとうございます。ご連絡遅れまして失礼しました。
      週5回1回のトレーニングが30分~1時間しっかり行っているのですね。素晴らしい事です。
      結論から申し上げますと、プロテインを飲む飲まないの基準が運動時間ということはありません。
      スポーツコンビニ店にいらっしゃる年配のお客様で、全く運動していませんが毎日プロテインを飲んでいる方がおります。
      プロテインを飲む基準をあえて言うとすれば、1日に摂っているたんぱく質の量が、足りているか?足りてないのか?でしょう。
      以前ブログの【効果的なプロテインの飲み方】の「摂取量」でも書きましたが、らん様自身が1日に必要なたんぱく質が摂れているかどうかです。

      ◆一日に必要なたんぱく質量の目安◆
      ①特に運動していない方・・・体重1kgに対して約1g
      ②定期的にランニング等の軽い運動をしている方・・・体重1kgに対して約1.5g
      ③ジム等で週に数回ウェイトトレーニングや、部活などでしっかり練習している方・・・体重1kgに対して約2g

      上記を参考に自分の体重をかけてみます。
      例)体重60kgでジムでトレーニングをしている方の場合・・・60×2g=120g
      この方の場合は1日に約120gのたんぱく質を摂るのが理想です。
      通常1日3食バランスの良い食事が摂れていれば、80~100gのたんぱく質は摂れているはずなので、不足の20gをプロテインで補うという事です。

      不足している状態が毎日続くと、トレーニング等でダメージを受けた筋肉は上手に回復が出来ず、結果として筋肉の変化が出にくかったり、
      筋肉痛や疲れがなかなか抜けなくなってしまいます。
      らん様の現在の1日のたんぱく質摂取量はどのくらいでしょうか?1度計算してみて下さい。
      そして、もしプロテインを飲もうと思うなら、らん様の場合は【ホエイプロテイン】がおすすめだと思います。
      ホエイプロテインには、筋肉に必要なアミノ酸が多く含まれていますし、トレーニング直後のたんぱく質補給も素早く行え、なんと言っても美味しくて飲みやすいのでおすすめします。

      • お返事ありがとうございます!タンパク質量の計算をしてみました…が、ちゃんと摂取できてない事がわかりました。食事も1日に2回です。夜遅く終わることから寝る前の食事は太ると思い食べていません…。実際、筋肉の変化があまり出ていないのと筋肉痛が抜けるのも遅いです…。なので一度プロテインを飲んでみようと思います‼︎
        プロテインは1日、運動後と退勤後の2回でいいでしょうか?

        • らん様

          いつもブログをお読み頂きありがとうございます。そうでしたか…やはり計算上では、一日のたんぱく質量が不足していたのですね。もしプロテインを飲んでみようと思っているのであれば、カラダが一番プロテインを欲しがっているタイミングに飲む方が良いと思います。前回もお話しした、以前ブログ【効果的なプロテインの飲み方】でも書きましたが、一番おすすめなのがゴールデンタイムと言われている【運動後】出来れば30分以内です。これは運動後のダメージを修復する為です。通常この1回だけでも良いと思いますが、あきらかにタンパク質が不足している様であれば、1日2回でも良いと思います。であれば、次におすすめは【就寝前】です。これは寝ている時に成長ホルモンの分泌が盛んになり、傷ついた筋肉を修復してくれるからです。その為の修復材料を寝る前にしっかり摂っておくのも良いと思います。但し、トレーニング後と就寝時間が近いとか、就寝前に飲む事で胃が重くなり寝付けない等あれば、就寝前はやめても良いでしょう。中には、寝る前にプロテインを飲むと太ると言う方もいらっしゃいますが、プロテインはとてもヘルシーな食品なので私はそこまで気にしなくても良いと思います。そして、もし就寝前に飲まないのであれば【起床後】もおすすめです。これは、寝ている間に体内のたんぱく質が修復で使われてしまって不足している状態になっているので、朝にしっかりチャージをしておくのです。以上の3つが私のおすすめのタイミングなので、ご自身で1回~2回をチョイスしてみて下さい。プロテインは食品なので特に飲む回数は決まっていません。空腹が長時間続くと筋肉は徐々に分解されてしまうので、このタイミングでプロテインを飲む方もいらっしいます。ご自身の生活サイクルの中に上手に取入れて、自分にあったタイミングをぜひ見つけてみて下さい。

          • ありがとうございました!体重×2g計算で出したところ半分も取れていませんでした…さっそくザバスのホエイプロテインを購入したので届いたらすぐ試してみようと思います!このブログを知ってから色々勉強になりました!一度飲むタイミング等、色々試してみます!!丁寧にご説明してくださってありがとうございました!トレーニング頑張ります!!!

          • らん様

            お役に立てて何よりです。プロテインは食品なので、例えるなら毎日肉や魚を食べている事と一緒です。その為、速攻性こそありませんが、らん様の身体を作る材料とし確実に利用されていますので、少なくとも3ヶ月は続けてみて下さい。ぜひ頑張って下さいね。

  • こんばんは
    24歳、161cm65kgの女性です。
    体型は骨太。ガタイが良く見える。筋肉質?痩せにくい体質かもしれないです。
    一年前からダイエットしているものです。
    去年のお正月に体重計に乗った時、68kgあって
    流石にやばいと思いダイエット開始しました。その時はとりあえず、間食とご飯の量を減らして65kgまで落としました。
    しかし、それからあまり痩せ無かったので5月からジムに通い始め
    12月まで通って63kgまで痩せました。この時、月にジムは7〜8回
    最初に軽くストレッチ五分→無酸素運動30分(様々な筋トレマシーンで3セットで10回)→有酸素運動1時間(スピードは7,5)
    今年の1月、2月に入ってからは仕事が忙しくジムに通えなく運動出来ませんでした。(この時は食事量に気を使い少なくしお菓子は1ヶ月に3回にしました。)
    3月に入ってやっと運動出来ると思い久々に体重を測ったら65kgになってました。
    そこから1ヶ月で一キロ落としました。
    ここから本題ですが
    今年、4月に入りザバスのソイプロテインを飲むようにし、運動量を増やしたのですが(説明書に書いてあった通りに1日3回飲んでました。)、何故か1kg増え65kgになりそこから減らなくなりました。
    ジムの回数は変わってないですが運動量を少し多くし食事量や炭水化物を減らしました。
    ジムに通えない日は室内で腕立てやスクワットを10〜20分ぐらいしてます。
    それなのに、体重は減るどころか増えて停滞したまま。
    筋肉量が増えたかなっと思って鏡や体重計みても変わらず。(筋肉量は41から42を繰り返してます。)
    これは飲み方が悪くて体重が太ってしまったのでしょうか?
    今はジムに行ってない時はウェイトダウンを1日1回飲み、ジムに行ったあとにはソイプロテインを共に1日1回飲んでいます。
    宜しければ、アドバイスお願いします。
    長々とすみませんでした。

    • ご相談ありがとうございます。頑張ってダイエットに励んでいる様ですね。しかし、ジムにも通い、糖質制限や間食も減らしているのに思うように体重が減っていかないというお悩みかと思います。ちなみに、体脂肪率は測定されてますか?ジムに通い出した頃と、現在で体脂肪率がどれくらい変動しているでしょうか?

      全く変わっていないのか?それとも、体重はあまり変動がないけど体脂肪率は減っているのか?その辺りの情報もあると嬉しいです。女性は男性に比べ筋肉量を大幅に増やす事自体が難しいので、体脂肪率を目安にするとわかりやすいと思います。 減量の法則は【消費カロリー>摂取カロリー】のみです。これがきちんと守られていないと絶対にダイエットは成功しません。

      食事制限はしている様ですが、現在の1日あたりの摂取カロリーはどれくらいでしょうか?(食事+間食)ぜひザックリで構わないので毎日計算してみて下さい。そこから、ご自身の「基礎代謝量(何もしていなくても消費するカロリー)+活動代謝(生活や運動での消費カロリー)」等の消費したカロリーを差し引いても、摂取量が上回っていれば痩せる事はありません。もちろん、栄養バランスも大切です。単に炭水化物を減らすだけではなく、タンパク質や脂質、ビタミンやミネラルも様々な食材からしっかり摂りましょう。

      しかし、上記の約束がきちんと守られているのに体重が落ちない場合、次の様な事も考えられます。それは、あまり厳しい食事制限等をしていると、身体は十分なエネルギーの摂れない現状を危機的状況だと感じ、出来るだけエネルギーを消費しないよう省エネモードに切り変わってしまいます。この様な場合であれば、脳を騙す・・・俗にいう「チートディ」いわゆる「今日は好きなものをガッツリ我慢しないで食べる日」を作ってあげる事により、身体に「ああ、危機的状況ではないから、カロリーを消費してもいいんだ・・・」と思わせ、省エネモードを解消させる事でまた体重が落ち始める場合もあります。もし、好きなものをずっと我慢し低カロリーな食事制限しているのであれば、週に一度はご褒美をあげても良いと思います。

      ちなみに、プロテインの飲み方については、特に大きな問題はないと思います。1日1~2回 不足しているタンパク質を運動後やどこかのタイミングで摂っているなら問題はありません。筋肉づくりにはタンパク質に糖質をプラスするとより効果的なので、運動後にプロテインを摂るタイミングで一緒に糖質をプラスしてみるのもよいでしょう。食事と併用するのであれば、食事の30分ほど前に飲めば食事の量を落とす事ができ、なおかつタンパク質などの栄養素はしっかり補給できます。また、小腹が空いた時のおやつ代わりにプロテインを飲むのもおすすです。大豆たんぱくは吸収がゆっくりなので小腹満しにはピッタリだと思います。

      もう一つ、体重を気にするあまり、運動中も水分を控えたりはされてませんか?脂肪を燃焼するためには沢山の酸素と水分補給が大切です。有酸素運動も、しっかりと酸素を取込む事が出来る、強度の低い有酸素運動の方が脂肪燃焼には効果的です。脂肪燃焼に効果的な運動強度の目安は「心臓が、少しドキドキするけど隣の人とお話が出来るくらいの強度」です。走るのが苦しくて続かないのなら、早歩きの方が効果的に脂肪を減らす事が可能です。そしてしっかり水分補給をして、代謝を上げて頑張りましょう。

  • 初めまして。
    ロードバイクをのりはじめて2年目のカヤです。
    ロードバイクならば全身運動になるのでダイエットに効果ありなどとフィットネスモデルなどありますが二年ほぼ毎日通勤で片道9キロ乗っているのですが足は細くなった気はしますがお腹がなかなか減らないのでいろいろ調べた結果、どうやらロードバイク=早い!という事から30キロから50キロなどのスピードを出して楽しんでので無酸素運動になっているのでは?と結論つけまして思いきってガーミンのビボスポーツを購入し心拍数管理を始めました。220-28×0.6~0. 8(サイトによりまちまち)の結果心拍数120から150で意識して通勤を再開しました。

    そこで去年はお財布の事情でホエイプロテインを持続できなかったのですが今月からホエイプロテインを再開飲み始めました
    体脂肪燃焼 プロテインで検索してみましたらこのページがヒットして質問させてもらった次第です。

    最近は朝ごはんにプロテイン1杯とバナナ二本とヨーグルトにしてます。
    しかし9キロも走ると会社につくころにはまたお腹減ってしまっておにぎりなと食べてしまいます。
    ダイエット用の物があり、大豆製ならば腹持ちがいいなどはじめて知ったのでふと疑問に思いまして私は成分調整の豆乳が好きでよく飲むのですが
    豆乳にホエイプロテインを混ぜても大豆プロテインの効果はでますか?

    • カヤ様

      この度はブログをご覧頂きありがとうございます。毎日の通勤でロードバイク片道9Kmとは凄いですね。それに加え心拍数まで管理していると言う事なのでとても感心します。すでに通勤のロードバイクは日常生活の一部となっている様なので、これから暑い夏がやって来ますが夏の日差しに負けず、ぜひこの調子で続けて下さいね。応援しています!

      ちなみに、今までの30~50キロのスピードを出して乗っていた時も、楽しみながら9kmも漕ぎ続けられたという事は立派な有酸素運動になっていたと思います。確かに脂肪燃焼に有効な心拍数のターゲットゾーンはあるので、脂肪燃焼を効果的に行いたいのならば適正な心拍数を意識する事は良いと思います。ただ、脚が引き締まってきた理由として、やはり脚の筋肉をしっかり使っているという事も大きな要素だと思います。バイクは主に下半身の筋肉を中心に使う運動なので、さらにお腹周りの効果を実感したいのであれば、体幹などのコアトレーニングをプラスするとさらに実感出来ると思います。

      少々話が反れてしまいましたが、「豆乳にホエイプロテインを混ぜても大豆プロテインの効果は出ますか?」のご質問についてです。ホエイプロテインはとても吸収の速さに優れています。その為、運動直後のプロテイン補給として吸収スピードを最大限に生かしたいのであればお水に溶かして頂くのがベストです。しかし、あえて吸収スピードをゆっくりにしたいのであれば、豆乳や牛乳に混ぜて飲むのも良いと思います。ゆっくり吸収する事で腹持ちも良くなる為ダイエットをしている方にはすすめです。

      大豆プロテインは豆乳に比べ、よりタンパク質を凝縮し抽出した商品です。また、ホエイプロテインと大豆プロテインもそれぞれに長所や短所が異なるので、「ホエイプ
      ロテイン+豆乳」と「大豆プロテイン」が全く同じという事はありませんが、混ぜる物で吸収スピードを変えて代替品としてご使用頂く事は特に問題ないと思います。お客様の中にもホエイプロテインを運動直後はお水に溶かし、寝る前は牛乳に溶かして吸収のスピードを調整している方もいらっしゃいます。これからも頑張って下さい。

  • こんにちは。ご相談させてください。
    大幅減量、筋肉強化の為に週1パーソナルトレーニングと自宅で簡単な筋トレを行なっていて、プロテインを飲もうと考えています。
    減量用はソイプロテイン、筋肉強化はホエイプロテインと書いていますが、両方に効果的に効くプロテインはどちらになりますか?
    ソイプロテインだと吸収が遅く…
    ホエイプロテインだと飲み方によっては体脂肪が増える…と書いてあり決めかねています。
    また、効果的な飲み方も教えてください。

    • コバ様

      ご相談ありがとうございます。
      現在週に1度のパーソナルトレーニングと自宅での筋トレを行っているのですね。目的が減量と筋肉強化という事ですが、今後は食事制限なども併用して行こなう予定なのでしょうか?結論から言いますと、トレーニング等によりダメージを受けた筋肉を回復・強化させる目的でタンパク質の補給を行う様であるのなら、ソイプロテインでもホエイプロテインでもどちらでも構わないと思います。

      ただ、コバ様の今後の目的の中に食事制限も行う予定がある様でしたら、食事前や食間に減量用のソイプロテインを取入れる事により効果的に食事を減らしたり、空腹感を紛らわす事にもお役立ち頂けると思います。逆に、筋量を増やす事が主な目的で、筋肉が増え基礎代謝が上がっていく事で結果として減量に繋げていきたい様であれば、ホエイプロテインが良いかと思います。

      また、ホエイプロテインの適量を1日1~2回を飲むくらいであれば、体脂肪が増える事はありません。例えホエイプロテインではなく、カラダに良いとされている食品でも毎日過剰に食べていれば、身体に害が出てくるのと同じで、過剰でなければそんなに気にしなくても大丈夫だと思います。

      プロテインの効果的な飲み方については、「【押えておきたい】効果的なプロテインの飲み方」を参考にして下さい。もし、食事の量を抑えたい様であれば、食事の30分ぐらい前に減量用のソイプロテインをお飲み頂くと、プロテインの満腹感で食事の量を落とす事が可能です。また空腹時に変な間食をしてしまうのであれば、ソイプロテインを飲んで気を紛らわせるのも良いと思います。

  • 初めまして!
    今ダイエットとして筋トレをしてからランニングをしてるのですがその後に減量プロテインを飲むのは効果がありますか?
    それとも飲まない方がいいのでしょうか?

    • レモン様
      こんにちは!ご相談ありがとうございます。ご連絡遅れまして申し訳ございません。
      ダイエット目的で筋トレとランニングをされているのですね。頑張っていますね。
      プロテインを飲んだ方が良いか?という事ですね。文面からですと週にどれくらいのペースでトレーニングされているか?また、年齢や性別などが判断出来ないのでハッキリしたことは言えませんが、現在の食生活で必要量のタンパク質が摂れているかどうかが鍵になります。この必要量は以前ブログでもお話ししましたが、再度確認してみて下さい。

      ★一日に必要なたんぱく質量の目安★
      Ⓐ 日頃、特に運動をしていない方・・・体重1kgにたいして0.9g (約1g)
      Ⓑ 定期的にランニングなどの軽い運動をしている方・・・体重1kgにたいして1.2~1.7g (約1.5g)
      Ⓒ ジムでマシーンやフリーウェイトなどを使い、週に数回しっかりトレーニングをしている、または部活などで週に3日以上しっかり練習をしている方・・・体重1kgに対して1.8~2.0g(約2g)

      例)週に3回ジムでウェイトトレーニングをしている、体重60kgの方なら・・・60kg×2g=120g となります。
      つまり、この例に挙げた人では1日120gのたんぱく質が必要になります。と言っても一日に120g分のブロテインを飲めと言う訳ではありません。1日3食バランスよく食事をしている人なら毎日80~100g前後は食事から補われているはずなので、残りの不足分をプロテインで摂取すれば良いのです。通常であれば1回20g前後のプロテインを1日1~2回飲めばクリアできると思います。

      もし、思うようにタンパク質が摂れていない様であれば、プロテインで補給して頂くのが良いと思います。タンパク質は筋肉だけではなく、髪や爪、肌、臓器や血液など様々な所で必要とされている栄養素です。疲れや筋肉痛が取れない等の症状が続いてしまう事があれば、それはタンパク質が不足してダメージを受けた筋肉の修復が遅れてるのかもしれません。一度計算をして必要量を確認してみて下さい。
      また、食事量を減らしたい様であれば、食事の30分前に減量用のプロテインを飲んで頂くと、食事量を減らしながらタンパク質はしっかり補給が出来るという事が可能になります。

  • はじめまして!週1回ホットヨガとジムで30分ウォーキング 筋トレ、 その他家で軽い筋トレしてます。あとはレコーディングダイエットと甘いもの禁止ダイエットをしてるので、プロテインを飲むとカロリーも150〜200、増えるし、コンビニで売ってる物は甘いので砂糖とか沢山入ってそうなココアかバニラ味です。出来るだけカロリーをミニマムにしてます!なので筋トレしプロテイン飲むと飲まないって結構この私のトレーニング方法で違いありますか?? 目当てはスリムで引き締まった体です。

    • Mao様

      ご相談ありがとうございます。ご連絡遅れまして申し訳ございません。
      運動以外にも、カロリー制限や糖質カットなどかなり努力されているようですね。皆さん【筋トレ=プロテイン】と思いがちですが、どの程度の筋トレや運動を行って
      いるか、また一日あたりに必要なタンパク質が足りているかどうかにもよっても変わります。これは以前のブログ【プロテインの効果的な飲み方】を参考にして下さい。もし、食事制限もされていて圧倒的にタンパク質の摂取量が不足している様であれば、高タンパク低脂肪であるプロテインを飲んで手軽に補うのも良いと思います。

      食べ物のカロリーを意識する事はダイエットにとって必要不可欠ですが、重要なのは食事の中身です。特にタンパク質は筋肉以外に肌や髪、爪、臓器、血液などカラダ
      のあらゆるところで欠かせない栄養素です。食事制限やカロリー制限によりタンパク質までが不足してしまうと筋肉量は落ち、基礎代謝が下がる事で結果太りやすい体
      質にもなります。他にも髪や肌がボロボロで貧血気味といった、筋肉以外の部分でも支障が出かねません。また、筋肉の合成には糖質も必要なので、極端な糖質制
      限も気を付けなければなりません。スポーツ店等で販売されているプロテインパウダーは一食あたり約100kcal前後です。余分な脂質や糖質は極力カットした高た
      んぱく低脂肪でとてもヘルシーな食品なので、食事の一部として取入れても良いかもしれません。

      Mao様の場合、もしプロテインを飲むとしても筋肉をつける目的というより、筋肉の維持や不足しがちなタンパク質の補給という形でも良いと思います。また、脂
      肪より筋肉は重たいので、たとえ脂肪が減って痩せても筋肉量が増えた事で、以前より体重が増えてしまう事もあります。その為、痩せた痩せないの基準を体重以外の体
      脂肪率の増減といった別の角度からも見て頂くのも良いと思います。

  • はじめまして、男21歳身長170センチ体重88キロのぽっちゃり体型の者です。流石に体型が気になり、痩せなくてはと思い、筋トレをしています。ほぼ毎日30分程度自宅で出来る範囲です。少し前まで行っていたロードバイクもまた始める予定ではいるのですが、現状は筋トレのみです。食事も一人暮らしのため朝昼はご飯と適当なおかずで済まし、夜は炭水化物を避けている程度でお酒を飲むことも多いです。
    最近筋トレの疲れが取れないのとダイエットの効率化のためにもプロテインを使い始めるか検討中です。
    具体的にはザバスの減量かソイで検討中ですが、どちらがあってるでしょうか?
    また今後食生活の改善の中で夕食はどの様なメニューがいいのか、また夕食、プロテイン、トレーニングの順番というかタイミングをお聞きできればと思います。

    • 芯様

      ご相談ありがとうございます。
      ほぼ毎日、自宅で出来る範囲内とはいえ筋トレを頑張っている様ですね。とても良いと思います。しかし、最近は筋トレの疲れが取れなくなり始めてもいる様です
      ね。自宅でどのようなトレーニングメニューを行っているのか分からないので具体的な事は言えませんが、例えばメニューの中に腕立て伏せ20回×5セットの様な比較
      的高強度のエクササイズを高回数や高セット、毎日行っているのであればオーバーワークになる可能性もあります。

      自宅で簡単に出来る程度の筋トレ(数か所の部位を10回1~2セットづつ行う程度)でしたら毎日行っても良いと思います。しかし、同一部位に対し高セット行うト
      レーニングであれば、その部位は1日おきでも良いと思います。疲れているなと感じたら休む勇気も大切です。特に疲れや筋肉痛で普段出来る回数が出来なければそ
      の日はお休みして下さい。

      筋肉の成長には【運動】【栄養】【休養】の三要素が必要です。しっかり使った筋肉には休養と栄養(たんぱく質等)をたっぷり与えてあげる。この場合、ご自身が
      ご検討中といっていたザバスの2種類のプロテインでしたら【ソイ(大豆)】をお勧めします。また、今後は食事制限も考えている様であれば、【減量】が良いと思いま
      す。これは、減量プロテインに配合されているガルシニアという成分には、食欲制御作用や脂肪燃焼効果があるため、食事の約30分前に飲む事で満腹感が出て食
      事を減らす効果が期待できます。しかも、食事を減らしてもたんぱく質はしっかりチャージ出来るのです。今回のプロテイン選びのポイントは、主に運動後などの筋
      肉の修復がメインなのか、食事制限も視野に入れた使い方も考えているのか、使うタイミングや用途で選ぶと良いと思います。

      また、減量時の食事のメニューについてあえて言えば、高たんぱく低糖質を心掛けるのが良いと思います。逆に絶対やってはいけない事として、カロリーばかりを気に
      するあまりお肉などのたんぱく質まで控えてしまう事です。筋肉の材料はたんぱく質です。たんぱく質を控える事で筋肉の材料が不足してしまうと、筋肉が痩せ細ってし
      まいます。筋肉が痩せ細ってくれば、筋肉でのカロリー消費量が減ってしまうので基礎代謝が落ち、結果太りやすい体質になってしまいます。不足してしまう様であれば
      プロテインを飲むなどして、しっかりのたんぱく質補給を心掛けるようにしましょう。もちろん糖質も筋肉づくりに欠かせない栄養素なので、全く抜いてしまうのも良く
      ないと思います。

      プロテインを飲むタイミングは、通常のプロテインであれば筋トレした日はトレーニング後できれば30分以内が理想です。トレーニングしない日は寝る前などがおす
      すめです。減量プロテインなら食事の30分前がいいと思います。もちろん減量プロテインでも運動後に普通のプロテインとして飲んでも問題ありません。

  • 現在高校生なのですが、お腹に脂肪が付いてしまい夏に向けて日々筋トレをしていますが、このプロテインの飲み方としては食前に飲み食べる量を減らすという考えで大丈夫なのでしょうか?
    飲み方がいまいちわからなく質問させて頂きました。
    ちなみに普段はスクワッドやジョギングをしています。

    • よっしー様

      ご質問ありがとうございます。高校生ですか・・・青春真っ只中ですね!
      お腹に脂肪が付いてしまい、夏までにそれを落としたいという事なので、まずそのお腹の脂肪はどのような生活をした事でついてしまったのかを考えてみましょう。

      あきらかに暴飲暴食が原因であれば、食生活や食べる量を見直さなければなりません。この場合は、食事を減らしつつもタンパク質はしっかり補給するために、食事の30分前にプロテインを飲むというスタイルもありだと思います。
      ただ、育ち盛りの高校生に出来ればそこまでさせたくないと言うのが本心です。ですから、どうしても食事のコントロールが上手く出来ず、毎日必要以上に食べてしまう様であれば最終手段として食前に摂取しましょう。

      高校生といえば成長期のど真ん中で、成長ホルモンも基礎代謝も人生で最もピークだと思います。そこで、全身の大きな筋肉を(胸・背中・脚など)使った筋トレを1部位に対して最低3セット以上、出来れば週3しっかり行い、そのあとでジョギングを行ってみましょう。筋トレ中に成長ホルモンがガンガン分泌して脂肪を分解してくれるので、その後にジョギングをすれば分解された脂肪をバンバン燃やしてくれます。そして、運動後は使った筋肉にご褒美としてプロテインをご馳走してあげるのが理想だと思います。

      ちなみに、ジョギング等で脂肪を効率よく燃やすことを優先する様であれば、あまりゼーゼーと息切れがするような走りよりも、ちょっとドキドキするぐらいの早歩き~ゆっくりのジョギングの方が、脂肪燃焼効果は優れています。もちろん、苦しくてもガンガン走ればカロリー消費量はその方が高くはなるので、結果として一日の消費カロリーは増える事で痩せはしますが、【カロリー消費=脂肪燃焼】ではないのでそこは覚えておいて下さい。

  • コメントを残す

    メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

    ABOUTこの記事をかいた人

    臼井

    スポーツ専門学校在籍中に、㈱ゴールドウィン・スポーツサポートのクロストレーナー養成機関に参加しその後入社。スポーツクラブやスポーツ施設、ホテルなどでトレーニング、エアロビクス、アクアエクササイズ、スイミングの指導を行い、現在はフィットネスアドバイザーとしてトレーニングやエクササイズ、栄養学、サービスなどの指導、教育を行う。 ■フィットネストレーナー ■JNF公認サプリメントアドバイザー ■米国ISNF公認サプリメントアドバイザー ■(社)全日本ノルディックウォーク連盟  ノルディックウォーク公認指導員