スポーツジムへ行こう!




近年、老若男女を問わず「筋トレ」をしている人が増えています。たとえば、男性では純粋にカッコいい身体になりたいとか筋力アップをしたい方はもちろん、女性ではメリハリのある身体作りやシェイプアップが目的の方から、運動不足解消やストレス発散といった気分転換を目的とした方も増えています。また、高齢化が進んだ昨今では、いつまでも自分の足で歩き健康な毎日を過ごせる様に、筋力の衰えを予防する目的の高齢者も「筋トレ」を行う方が増えています。筋肉は身体の中でも唯一何歳になっても強く丈夫にすることが可能です。たとえ80歳の方が行っても十分効果はありますので私もすすめします。

そして、「筋トレ」を行う方法も様々で、自宅で自重や身近な器具を使って行う方法から、スポーツジムなどに通って行う方法まで色々な選択肢があります。それぞれにメリットもデメリットもあるのでご自身の目標や生活スタイルに合わせて選べば良いと思います。いつでも好きな時に自宅でトレーニングを行ういわゆる「宅トレ」はお金もかからず自分のペースで行う事が出来ますが、正しい方法で行わなければ結果が出にくいばかりか、もし今抱えている身体の痛みを改善する目的で行っていても間違った方法で行えば悪化する可能性もあります。そういう時、気軽に相談出来るのがスポーツジムのインストラクターやトレーナーです。正しいトレーニング方法や身体の悩みをその時々に相談出来る事が理想のカラダを作る近道の場合もあります。

そこで今回は、スポーツジムについてお話ししましょう。最近では24時間365日いつでも手軽に通えるスポーツジムから、マンションの一室でマンツーマンの指導をしてくれるパーソナルジムまで、顧客のニーズに合わせたジムが多数あります。あなたにピッタリのジムはどんなジムなのか?ジムに行くメリットは何なのか?など、ジムについてのあれこれをお話ししましょう。

❑スポーツジムの種類

 

一昔前、スポーツジムと言えば「トレーニングジム」「スタジオ」「プール」といった施設が全て揃っているいわゆる「総合スポーツクラブ」が当たり前でしたが、今では時代や顧客のニーズに合わせ様々な形態のスポーツジムが街のあちこちに点在しています。そのタイプも大きく分けて約5種類に分類されます。まずは、現在のスポーツジムを5つに分けてご説明しましょう。あなたのライフスタイルにはどのスポーツジムがピッタリと合うでしょうか。

❑総合スポーツジム(スポーツクラブ)

・「トレーニングジム」「スタジオ」「プール」など総合的に使いたい方におすすめ。

30年以上前からスポーツジムといえば「総合スポーツジム(クラブ)」ではないでしょうか。ズラりと並んだバイクやランニングマシーンなどの「有酸素マシーン」をはじめ、「トレーニングマシーン」や「ダンべル」や「バーベル」などを扱う「フリーウェイトゾーン」「スタジオ」はもちろん、「プール」「サウナ」「ジャグジー」「お風呂」から「日焼けマシーン」や「高酸素ルーム」「リラクゼージョンルーム」などの付加価値をプラスαした施設まであり、ここへ来れば全てが出来る、ちょっとしたアミューズメントパークの様な特別な空間ともいえます。ジムにはインストラクターやパーソナルトレーナーが在籍し指導を受ける事が出来たり、スタジオではエアロビクスやダンスエクササイズ、ヨガなどのレッスンも無料で参加する事ができます。但し、色んな施設が使える分、月々の料金は10.000前後~13.000円と少々高めの設定をしている店舗が多いかもしれません。「ジム」も「プール」も「スタジオ」も全て使いたい方にはおすすめです。

❑公共ジム

・一回ごとに低料金で気軽に使える自治体が運営する公共の施設。気軽に使いたい方におすすめ。

各地の地方自治体で運営しているスポーツセンターや体育館などで一回数百円から気軽に使えるのが魅力です。

施設内容は場所により異なり、昔ながらのトレーニングルームの様な施設からスタジオやプール、お風呂など総合スポーツジムと同等な施設も完備している所まで様々です。但し、一部のスタジオ内のプログラムの参加には一回もしくは月単位での参加費が別途必要なところも少なくありません。また、体育館がある施設では、バレーやバトミントン、卓球など団体やチームの練習に予約制で貸し出している所も多くあります。

尚、マシーンの使い方など説明してくれるスタッフはいても、トレーニングに詳しい専門のインストラクターやトレーナーが常駐していないところも多いので、トレーニングメニューや詳しいトレーニング方法が知りたい様であれば、総合スポーツジムの方をおすすめします。

❑パーソナルジム

・専門のトレーナーがマンツーマンで指導し、短期間でしっかりと結果を出したい方におすすめ。

マンションの一室や特定の施設を使って、マンツーマンで行うパーソナルジム。これは施設というよりも、一人ひとりの要望に合わせたオーダーメイドのメニューをマンツーマンで行うワンランク上の特別なトレーニングです。トレーニング指導から食事の管理まで一括で指導してくれる所もあるので、本気で結果を出したい方や何年もジムに通っているのになかなか結果が伴ってこない方にはとてもおすすめです。但し、一人ひとりカウンセリングを行い、その人に合わせた特別なメニューを付きっきりで指導してくれる訳ですから、料金も一時間もしくは一回あたり5.000円前後~と割高にはなりますが、しっかり結果を出してくれるのであれば決して高い料金ではないのかもしれません。

形態も有資格者が個人の自宅やマンションの一室で行うものから、ライザップのように複数の個室を完備した施設内で行うものまで様々です。とにかく短期間でしっかり結果を出したいと思っている方におすすめします。

❑女性専用ジム

・男性の目を気にせずトレーニングに集中したい女性におすすめ。

汗だくでバーベルやダンベルを使っている男性と一緒にトレーニングするのはちょっと苦手とか、男性の目が気になってトレーニングに集中出来ないといった女性に選ばれるのがカーブスなどの女性専用ジムです。ここではメンバーもスタッフも全て女性のため、異性の目を気にする繊細な女性でも安心してトレーニングが出来ます。入会時のカウンセリングに必要な体重や体脂肪の測定も同性であれば恥ずかしい思いをしなくて済みます。また、家事や育児などで時間が取りづらい女性でも、30分ほどの独自のサーキット形式のトレーニングで体力づくりやシェイプアップが出来るのは嬉しいですね。もちろん、通常のジムのように個々の要望に合わせたトレーニングメニューを作成し指導してくれたり、ヨガやピラティスなどのグループエクササイズを提供しているジムもあります。

❑24時間ジム

・24時間365日いつでも好きな時にトレーニングがしたい方におすすめ。

今のご時世、働く時間も休みの日もみんなバラバラで空いている時間にジムに行きたくてもジムがやっていないなんて方もいるのではないでしょうか?そんな方にピッタリなジムが「エニタイムフィットネス」や「ファストジム」「ジョイフィット」など全国的に急増しているのがコンビニ的なスポーツジムの「24時間ジム」です。定休日や決まった営業時間が無いので、たとえ真夜中の2時でもいつでも好きな時に好きなだけトレーニングが出来ます。施設はトレーニングジムのみで数個のシャワーブースとロッカーのみですが、月会費も5.000~7.000円と低価格の設定なので気軽に続ける事が出来ます。また、系列店であれば全国どこでも利用が出来るので出張が多いサラリーマンにはとても便利です。但し、値段が安い分スタッフが常駐している時間は限られていますし、あくまでもスタッフは施設管理と事務手続きの為にいるだけなのでトレーニング指導もしません。また、入会時に配られた会員証が出入口のカードキーになっているので、基本的に入館出来るのは会員のみの為、最小限の防犯管理として監視カメラを設置しているだけです。その為、男性の中に女性が一人きりで行う場合は多少の不安は感じるかもしれません。

❑トレーニングジムへ行くメリット

 

やる気になれば自宅でもトレーニングは出来るから、わざわざ高いお金を出してまでトレーニングジムに行かなくてもいいんじゃないか?と思っている方もいるのではないでしょうか。確かに毎月お金はかかるし、真冬の寒い中でもわざわざ行かなくてはならないのは確かです。でもトレーニングジムにはトレーニングジムの良い所がたくさんあります。

❑トレーニング器具の充実

トレーニングジムに通う一番のメリットは、やはりトレーニング器具が充実している事だろう。ウェイトトレーニングだけをみても、女性でも安全に全身のトレーニングが可能なトレーニングマシーンや、本格的なトレーニングが可能なバーベルやダンベルを使ったフリーウェイトがきちんと揃っています。ウェイトの重さも1kgから100kg以上のものまで実に細かく揃っているので物足りなくなる事は決してないでしょう。こうしたものを自宅で揃えるとなると一つ数千円から数万円はくだらない。それ以外にも、ランニングマシーンやエアロバイク、クライムマシーンなど雨の日でも室内でウォーキングやランニングなどの有酸素運動が出来るのも嬉しい。最近では、マシーンごとにテレビやユーチューブが見られるパーソナル液晶テレビがついているので、音楽や動画を見ながら長時間でも飽きず楽しくトレーニングが出来るのも特徴だろう。

❑トレーニングのプロが常駐

スポーツジムに通う最大の長所はトレーニングのプロが在籍している事です。トレーニングが大好きで自らトレーニング雑誌などを読み漁って研究している方であれば、自宅でもジムでも独自のスタイルでトレーニングをする事が出来ますが、トレーニングの知識がない方は何をどうしてよいのかわからないはず。正しいトレーニング方法や負荷、回数の設定が良くわからず適当にいくら続けていてもなかなか効果は出ません。そんな時はジムに在籍しているトレーナーやインストラクターに相談するのが良いでしょう。彼らはトレーニングのエキスパートですから、どんなトレーニングが良いのか優しく教えてくれるはずです。たとえ、専門のトレーナーが常駐していない24時間ジムの様なところであっても、私達トレーナー以上に身体やトレーニングに詳しい会員さんが沢山います。そのような人達の中には、トレーニングの知識を人に教えてあげたいと思っている方も多いので、会員同士で色んなカラダの悩みやアドバイスをし合う事が出来ます。ジムに行ってもトレーニング方法が良くわからないという事で通うのを躊躇している方はぜひトレーニングジムで相談してみましょう。

※個別プログラムの場合は有料のパーソナルトレーナーが指導する場合もあるので入会の際にご確認下さい。

❑スタジオエクササイズの充実

総合スポーツクラブなどに行けば、ジム以外にもスタジオエクササイズに無料で参加する事ができる。スタジオでは曜日や時間帯によってヨガやピラティス、エアロビクス、ダンスエクササイズ、ボクササイズなど、様々なグループレッスンが行われています。ほとんどのレッスンが無料なので一日何本出ても良いのが嬉しい。例えば、12時から一時間ジムでウェイトトレーニングを行い、13時から45分間のスタジオプログラム「ボクシングエクササイズ」のクラスに参加するなど、上手に組み合わせてトレーニングスケジュールを組めば、「ウェイトトレーニング」+「有酸素運動」といった効率の良いトレーニングも可能になります。

最近では、真っ暗な部屋の中で爆音と光の演出でバイク(自転車)を漕ぐ「暗闇バイク」といったプログラムも流行っています。まるでクラブで踊っているかの様に自転車を漕ぐ演出だが、実際はかなりキツいし体重も半端なく落ちるので大人気のプログラムです。

この様に、豊富なプログラムが用意されているので、メンバーは曜日や時間に合わせジムに行き、好きなクラスに参加すればよいのだ。カルチャースクールの様に出欠席はないので、ドタキャンも突然の来館も自由自在です。(プログラムによっては予約制のクラスや人数制限があるものもあります)

❑気の合う仲間との出会い

スポーツジムには「カラダを鍛えたい」「ダイエットをしたい」という様な自分と同じ志をもった人たちが集まっています。かつて私も、トレーナーの仕事をする以前にスポーツジムに通っていた時、一番楽しかったのは多くの友達ができ、ジム以外の場所でも皆で集まったり遊びに行ったりと沢山の思い出をつくりました。社会人になると趣味趣向の合う新しい出会いというものがなかなかありませんが、スポーツジムに通ったお蔭で素敵な仲間のも巡り会えました。スポーツジムはカラダを鍛えるだけでなく、ある意味「大人の社交場」的な役割もあると思います。一人ではなかなか続かないトレーニングも仲間がいるから続く事もあります。そんな、年齢性別を問わず新しい出会いがある場所としてもスポーツジムには通う価値があります。

❑来たからには頑張る

家で黙々とトレーニングするのがいけない訳ではありません。きちんとメニューを組んで効果的な負荷設定と回数をこなせば立派に理想のカラダをつくることは可能です。ただ、いつでも出来る宅トレ(家トレ)だからこそ、「今日はいいかな・・・」と思ってしまえばサボる事も簡単です。それはジムに入会していても同じですが、行ってしまえばやるしかありません。ジムに行けば周りの目もありますから、ダラダラだとしても最低限のトレーニングはしてしまうものです。逆に、来たからには頑張らないと!なんて気分になりいつも以上にトレーニングに力が入る事もあります。当然、毎月の月会費を払っていますから利用しないのは勿体ない話です。だから頑張れるという方もいます。つまり、どんな場合でもジムに行けばやるしかないという事で、意志が弱い方や一人ではなかなか続かないという方はジムトレがおすすめです。

❑まとめ

最初にもお話ししましたが、「宅トレ」「ジムトレ」共にどちらも、メリットもデメリットもあります。毎月の会費を払うというのは確かに辛いと思う方も多いと思いますが、家でトレーニングをするよりも効果的なのは間違いありません。トレーニングの基本は「正しいメニューとフォーム」「正しい負荷」「正しい回数」の3つにつきます。どんな立派な器具を使ってもこれが守れていなければ効果的なトレーニングは出来ませんし結果も出ません。

ジムに行けは、専門のトレーナーやインストラクターが的確なアドバイスをしてくれますし、トレーナーが常駐していないジムでも、トレーニングに詳しい会員さんがたくさんいます。声を掛けるのはちょっと・・・という方でも、他人のトレーニングをコッソリと見ていれば答えに繋がるヒントが見つかるかもしれません。

多くのジムで、1回だけ無料~1000円ぐらいで施設を体験できるサービスを行っているので、まずは一度スポーツジムを体験することから始めてみませんか?よく、こんな貧弱なカラダの私がジムに行ったら場違い・・・なんていう方がいますが、最初からカッコいいカラダの人はいません。私の周りのボディービルダーも最初はヒョロッと細い普通の人でした。それがトレーニングを続けることで大会にまで出られるようになったのですから、尻込みする事はありません。胸を張って堂々と新しい扉を叩いて下さい。その先にきっと新しい自分がいるはずです。

❑追伸

ジムに通おうと思った方は、以下のページもご覧ください。

ジムトレーニングやフィットネスに最適なウェアとは?

The following two tabs change content below.
臼井

臼井

スポーツ専門学校在籍中に、㈱ゴールドウィン・スポーツサポートのクロストレーナー養成機関に参加しその後入社。スポーツクラブやスポーツ施設、ホテルなどでトレーニング、エアロビクス、アクアエクササイズ、スイミングの指導を行い、現在はフィットネスアドバイザーとしてトレーニングやエクササイズ、栄養学、サービスなどの指導、教育を行う。 ■フィットネストレーナー ■JNF公認サプリメントアドバイザー ■米国ISNF公認サプリメントアドバイザー ■(社)全日本ノルディックウォーク連盟  ノルディックウォーク公認指導員






コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ABOUTこの記事をかいた人

臼井

スポーツ専門学校在籍中に、㈱ゴールドウィン・スポーツサポートのクロストレーナー養成機関に参加しその後入社。スポーツクラブやスポーツ施設、ホテルなどでトレーニング、エアロビクス、アクアエクササイズ、スイミングの指導を行い、現在はフィットネスアドバイザーとしてトレーニングやエクササイズ、栄養学、サービスなどの指導、教育を行う。 ■フィットネストレーナー ■JNF公認サプリメントアドバイザー ■米国ISNF公認サプリメントアドバイザー ■(社)全日本ノルディックウォーク連盟  ノルディックウォーク公認指導員